amareiの日記

結婚や子育て、生活について日々思うこと

傷つけ合うオリンピックに巻き込まれないように

 コロナ禍でオリンピックで、感じることは、人間は同じ皮を被っているが、ここまで違うのかということ。化けの皮が剥がれて、みんなヒドイな、ヒドイのが普通なのかと思う。

 報道でオリンピックを非難する少数?の人の意見を取り上げるのは、報道上の使命感からなのだろうか?絶対必要なのか?
 開会式に反対する人、執り行なわれた開会式にケチをつける人、選手の興奮した発言に過敏に反応してケチをつける人、、それを、あたかも一般的な意見のように取り上げるの報道、、疲弊します。精神を蝕み、摩耗します。

 やるならやるで、選手を応援しようと思っていたけど、オリンピック関連のニュースに近づくとそれに伴う批判的なテロップまで目に飛び込んで、忘れるな、楽しんでるはいけないみたいな、呪霊がいつもいる感じがして、最近はテレビやLINE NEWSさえ、近付かないようにしている。心を乱されるのが嫌だ。

 開会式だって、色んな方がご尽力されたはずだ。死者も出ているパンデミックの中で、お祝いしてはいけない、色々な配慮があっての俗に言う地味な開会式だっただろうに。ケチを付けるのは簡単だけど、色々準備をしたり、出演を拒否する人が多い中で出演してくださった方々に敬意こそあれ、非難批判はなかろうに。競技を行う選手に向けた批判。コロナ禍で、程度の差はあれ、辛い思いをしていない人なんていないでしょ?我慢を強いられていない人なんかいないのでは?それを、八つ当たりなんだかスケープゴートにしたいのか、そんな事言わずに心に閉まっておけと言う発言ばかり、メディアで目にします。身近な人にそんな酷いのと言う人いない。
 
 1年前、結構楽しみにしてチケットまで買っていたオリンピックが、こんな形で悲しい。ただ、オリンピックを感動しながら観戦したいだけなのなに。世間を作り出す人間?先導する報道?に、心の平穏を奪われます。非難する報道、やめてほしい。