amareiの日記

結婚や子育て、生活について日々思うこと

発達障害だからか、やりたくないことが出来ない?!

家事をする事に凄く抵抗がある。時間は沢山あって、家事能力もあるけど、気力がなくて出来ない。鬱とかホルモンバランスとかの影響かなと思っていたけど、発達障害だからではないだろうか。

好きなことだけをしていたいという気持ちが強い。やりたくないこと、どうでもいいことをする事への抵抗感が強い。

そう思うのはやはり娘を見ていて。遊んでいたい、好きな事だけをしていたい、ご飯とか、着替えとか、時に泣くほどやりたくない…おしっことか排泄などの生理的欲求さえも我慢してしまう。先日、臨床心理士に娘を診てもらう際、質問に「熱中してしまい、漏らしてしまうことがありますか?」という質問があった。遊んでいるとトイレ!と走っても便座にたどり着く前に漏らしてしまう事が、ある。みんなそうなのかと思っていた。わたしも…基本トイレは面倒くさい。やりたいことを続けていたい。第三子出産さえも裁縫に熱を上げていて危うく間に合わないところだった。

本当に家事とか面倒くさい。やる気さえ起きない…洗濯物面倒だし掃除も億劫。ご飯も作りたくないし。これに加えて洗濯機が水漏れしてもー本当に嫌だ。なんでこんなやりたくない事に時間を割かなきゃいけないんだと、修理のお願いの電話したり、修理日程を調整する。多分普通の人はこんなに嫌な気分にならずに、処理できるのでは?家の税金も来てやればすぐ済むのに法務局行って、減税処理とかも本当やりたくないのにやった。どーでもいいのに、なんでやらされんだ?って感じです。

これって発達障害の人だからこその生きずらさだったりしないのかなー。定型発達の人の世界ってもっとのどかなのかなー。

やりたくない雑事をこなしているママさんたちは沢山いるけど、わたしみたいにやりたくないとダダこねているのは聞いた事がない。