amareiの日記

結婚や子育て、生活について日々思うこと

何のために生きているのか分からない そんな日に子どもが出来る

 もともと鬱っぽいけれど、手のつけられない沈みが月一くらいでくる。症状的には

・元彼の事を考え、あの人と結婚してれば…と後悔する。遠距離でも頑張ればよかったとか、結婚はするけど待ってくれと言われて待てなかったとか。

・夫に言われて傷付いた言葉を反芻したり、されて嫌だった事をシツコク思い出し復讐心を燃やす。例えば子育てがツライと言えば夫に「そんなんだったら子供産むな」と一蹴されるとか。少し弱音吐いて甘えたいだけなのに。そして本当に産まなければよかったのかなと真剣に考えてより自分を傷付ける。その他病気で吐いてると気持ち悪りぃと言われたから絶対夫の介護はしないとか。

・自分の才能の無さを嘆く

・東京を離れて地方に住んでしまったことに絶望を感じる

脂肪肝だから食べないと決めていた揚げ物や甘い物を食べる。マックのドライブスルーによってしまったり、コンビニスイーツを食べたりして身体に悪いと分かっているからより罪悪感を覚える。自分を大切にしたいのに出来ないと傷付く。

ADHDはネットに入り浸りやすいから(あれもこれも気になって、沢山調べてしまうし、制御がきかないから時間も使う)スマホいじりをやめようと心がけているのにいじってしまう。

スマホいじりをしている時間や片付けの本を読んでる時間を片付けに回せば片付くと分かっていても、やりたくない事けどやらねばならない事をやる事が出来ない。

 

 どうにもならない…

多分排卵日だ。子供を計画的に3人産んだので、メンタルとオリモノの状態で今子作り妊活すれば8割がた出来ると思う。メンタルはこの落ち込みと眠れなさ。弱った時は生命維持装置が働いて性行為に至りやすいのでは?そして眠れないのもその行為へ至るために、生命が無意識にさせているのでは?という自論。オリモノも精子が泳ぎやすくなるようサラサラに伸びが良くなる。排卵の瞬間それがドバッと出るし。で多分数日後オリモノはチーズ状に粘りがでて精子を閉じ込める。。そして眠くなり安静を強いられ受精した場合に備える…という自論。

この勘だけで基礎体温も付けず子どもを3人授かれた。多分妊娠しやすいのもあると思うけど。

 

月一でもこのホルモンの波に揺られるダメージが大きい。多分排卵日だから落ち込むと分かっていても、厳しい。わたしの場合月経前症候群PMSより排卵日前後の方が重い。