amareiの日記

結婚や子育て、生活について日々思うこと

ありのままの自分を愛して欲しい

この思いが発達障害バロメーターになるのではないか。幼い頃から親や学校が矯正を試み何度も否定されてきた。中学時代、支えになった言葉はブルーハーツの「誰かのサイズに合わせて自分を変えることはない。自分を殺すことはない。ありのままでいいじゃないか」流行っていたよね?!だからみんな思春期は反骨精神もあって大差はないと思っていた。でも実際わたしの今いる場所には強い同調圧力がある。I love you just you way you are.なんていうのも人生で一度、誰かに言われたい言葉。その思いが強ければ強いほど、社会に馴染むのが難しいタイプなのではないかなと思った。

 先週、大学の友人と集まった。そこでやはり「ありのまま、素の自分」というキーワードを何度か耳にした。ずっと普通だと思っていたわたし。周りも似たように自由奔放で、共感し合えた。いつも自分たちは特別で、自分たち以外は下々の者だなんて思っていた…最高に楽しかった大学時代。自分たち以外の方が大多数だなんて、疑いさえしなかった。くだらないことに合わせたくないと、1人は独立して女社長になっていた。人間関係の煩わしさが出発点だったそうな。そもそも高校で進学校に行ったところから、人生楽になった。勉強してれば何しててもあんまり文句言われない。さらに大学はもっと楽。理系のそこそこ学力のある大学に入学する人という時点で既にかなりの少数派?フィルターがかかった後に出会うから、似た子も多い。しかも数少ない女子のなかでもさらに気が合うとなると、最強ベストフレンド。かなり共感し合えるのだ。

 受け皿のないリケジョ。そもそも社会とかに関心が薄いから、そんなにやりたい職業とかなかった。頭だけいい人はこの仕事って仕事があれば、もう少し社会に出てからも楽しめたのかもしれない。共鳴し合える仲間が生活の中にいたのは後にも先にも大学だけだったかも。仕事の内容よりも気の合う仲間と仕事できるって方が、仕事楽しいんだろうな。

 友人の1人は人生を無駄にしている気がすると言っていた。青年海外協力隊にいた時もまだ共感できる友達、面白い子がいたけど、ママになってから出会えない。ママ友らしき人がいない…イマイチ楽しくない。。それはもう仕方ないことなのだと思った。考えていること、感じてることを話せて共感し合える友人がこの地球にいて出会えただけでも良かったと思う。もう諦めて無理に興味のない雑談とかしてママらしいファッションとかして合わせる努力やーめた。好きにしよう。

 ママという肩書の発達障害の人は少ないから、気の合う人が見つからないのか。もしくはわたしと同じように、母親としてはみ出ないように、努力して目立たないのか。分からない。

発達障害だからか、やりたくないことが出来ない?!

家事をする事に凄く抵抗がある。時間は沢山あって、家事能力もあるけど、気力がなくて出来ない。鬱とかホルモンバランスとかの影響かなと思っていたけど、発達障害だからではないだろうか。

好きなことだけをしていたいという気持ちが強い。やりたくないこと、どうでもいいことをする事への抵抗感が強い。

そう思うのはやはり娘を見ていて。遊んでいたい、好きな事だけをしていたい、ご飯とか、着替えとか、時に泣くほどやりたくない…おしっことか排泄などの生理的欲求さえも我慢してしまう。先日、臨床心理士に娘を診てもらう際、質問に「熱中してしまい、漏らしてしまうことがありますか?」という質問があった。遊んでいるとトイレ!と走っても便座にたどり着く前に漏らしてしまう事が、ある。みんなそうなのかと思っていた。わたしも…基本トイレは面倒くさい。やりたいことを続けていたい。第三子出産さえも裁縫に熱を上げていて危うく間に合わないところだった。

本当に家事とか面倒くさい。やる気さえ起きない…洗濯物面倒だし掃除も億劫。ご飯も作りたくないし。これに加えて洗濯機が水漏れしてもー本当に嫌だ。なんでこんなやりたくない事に時間を割かなきゃいけないんだと、修理のお願いの電話したり、修理日程を調整する。多分普通の人はこんなに嫌な気分にならずに、処理できるのでは?家の税金も来てやればすぐ済むのに法務局行って、減税処理とかも本当やりたくないのにやった。どーでもいいのに、なんでやらされんだ?って感じです。

これって発達障害の人だからこその生きだらさだったりしないのかなー。定型発達の人の世界ってもっとのどかなのかなー。

やりたくない雑事をこなしているママさんたちは沢山いるけど、わたしみたいにやりたくないとダダこねているのは聞いた事がない。

連休中に大学時代の友人が来て鬱

 窓口が広い人間。どんな人とも分け隔てなく付き合う人。来る者拒まず去る者追わず。裏を返せば他人にそこまで興味がなくて、他人のことはどうでもいい。だからそんなに羨ましいと思うことも無くて楽…そんなわたしだと思っていた。だから不本意に不意打ちで他人から傷付けられることや、適度な距離感が分からず踏み込まれ過ぎて嫌になる事もあった。でも…どうしていいか分からないし、対応するのも面倒で放置してきた自分の特性。付き合う人間をやはり限定した方がいいのか??嫌な人とは付き合わない方が傷付かないのか??

 大学時代の友人と約10年ぶりに会った。新築したので子供を連れて泊まりに来てくれるという形で。わたしの結婚式は震災と重なって、乳飲み子を連れた彼女は遠方から来れず。子育て期も重なりうっかり10年前近く経ってしまった。よく酒を2人で飲みに行ったし一緒にカンボジアも旅行に行った。距離の近い友人だ。久しぶりの再会に話題は…夫の暴力と子供への虐待まがいなことを話す。。その結果彼女からでた話にトドメを刺されたように落ち込んだ。心配はしてくれた、でも自分の夫がいかに優しいかの話が続いた。多分わたしの夫は普通じゃないよ!と説明するためなんだろうと分かっている。さらに浮気をしたが、慰謝料を払って離婚もされなかったと彼女は言っていた。。その後彼女の夫はさの浮気の恨み言1つ言わないそうな。君子…かたや浮気みたいにそこまで悪い事もしていないわたしは夫への不満や文句を言ったりやれと言われたことをやらないという理由で怒鳴られたり殴られたりしている…結婚相手をちゃんと選ばなかった後悔はより深まり、滅多に人を羨まないわたしが彼女を羨み、そして惨めな気持ちになった。夫が優しくないと悩むわたしに優しい夫自慢をする必要性はあるのか。そんな話をしてわたしがどんな気持ちになるか考えないのか。彼女の話を辛過ぎて薄っすら笑うことでしか聞けないわたし。話す相手を間違えた。もはや同じ境遇の人しか理解不能なのか?わたしの状況。自助サークルとか行かないと傷付かずに心を開かないのか…

 多分、彼女からこういうことをされるのは、これが初めてではない。何人か共通の友人がいたが、だんだんみんな付き合わないようにしていた。でもわたしは、そんなに嫌じゃなかった。今も彼女は悪気がある訳じゃないから許さないといけない、許さないのは心が狭い、許さない自分は嫌だと思う。この人を嫌ってはいけない脅迫観念はどこから来るのだろう。そんなわたしだから、夫は近付いて求婚したのか。

 いい事もあった。友人の娘がウチの娘のことを「いいなー、◯ちゃんは。明るくて、立ち直りが早くて。わたしなんて、嫌なことがあるといつも思い出してクヨクヨしちゃう」と言っていた。母親から見えない娘の長所。そんな事を言ってくれる友人の娘をありがたいと思った。娘の良さを見つけて、受け入れてくれる友人がこれからいそうだという希望を持てた。

 1つの事で関係を絶って失う事は簡単だ。傷付けられるばかりの関係でもない。彼女の無遠慮な話し方で、自分では気付かないことに気付くこともある。魔法のようにテキパキとこなす家事も勉強になった。

 わたしが彼女の話に落ち込むからやめてね、ってやんわり伝えればいいのかな。彼女にとってわたしは何だろう?素で安心して付き合える友人、かな?!

 

児童相談所

児童相談所ご担当者様

本日初めて相談させていただきます。
三児の母で5歳の長女についての相談です。

今日夕方に5歳の娘が癇癪を起こしました。いつものことですが、大声で暴れて泣き止まないのでイライラし、以前他所で一旦離れていいとアドバイスをもらい、娘の癇癪の場から立ち去ろうとしました。夫が0歳の息子を抱っこしながら何か言っているので娘をみると、自分のワンピースに油性ペンでグチャグチャと書いていました。今日は誕生日の写真撮影のために買ったワンピースを着ており、初めて袖を通したワンピースでした。高価なものではないですが、気に入っており、今日1日色々我慢していたのもあり、大声で怒り「本当、殴りたい」と震えていると、夫は「殴ればいい、殴りなよ」とあおりました。日中夫は娘と揉み合い、いう事を聞かないと写真館の駐車場で娘に平手打ちで顔を殴っていました。わたしは間に入り、夫と娘を離しました。娘の癇癪や行動にも腹が立ちますが、夫も我慢もなく手をあげること、またこちらはこんなに我慢して手をあげないように震えているのにあおることを言ったのにも我慢ができません。怒りはおさまらず、壁を殴ったり皿を割ったりしてしまいました。(こんなことは今日初めてで、本当に自分も限界がきているように感じました)娘のお風呂や食事の世話、寝かしつは夫がしてくれましたかが、夕方の騒動からは数時間立ちますが、まだ怒りはおさまりません。今まで手を上げたことも無視したこともないですが、明日朝娘と話もしたくないですし、まだ許せずちょっとしたことで手を上げてしまうかもしれないと不安です。
子供のしたことが許せないときどのようにしたら良いでしょうか。


以上、書いて送らなかったメール。

朝保育園に娘を送っていくと、夫の平手打ちの箇所がうっすら内出血していて泣きそうになった。

結局、児童相談所に同じ内容で電話した。そこからがビックリ。なんの連絡もなく娘の通う保育園に児童相談所の相談員が出向。調査後、事後報告で面談…帰ってきた夫にその話をすると「なんでそんな所に電話するんだ!相談するならもっと別のところにしろ!いきなり娘を拉致されて会えなくなるかもしれなかったけど、それを望んでいるのか?!」と言われて背筋が寒くなる。昨今の幼児虐待から巨大な権限を持つ児相は親の同意がなくとも必要ならば子供を取り上げることができるそうな…もしもっとヒドイアザができてたら、連れていかれてたかも。保育園からいきなり会えなくなるなんて想像もしてなかったし、気軽に相談するような機関じゃなかった…世間知らずのなせる技。

 明日、面談に行くという話で一時保護ではなく、実家に子供を預けることとなった。虐待した夫と引き離すために。

 健診で児相を紹介され、ペアレントトレーニングやADHDなら診断や療育の入り口になると聞いていたから、気軽な気持ちで相談してしまった。

 このまま、穏便に、娘を取り上げられるとかではなく、こちらの望む形で家族の再生の援助をしてもらえるといいなぁと思う。ちょっと激昂してしまったので、静かにこの状況を見守らねば。

 

何のために生きているのか分からない そんな日に子どもが出来る

 もともと鬱っぽいけれど、手のつけられない沈みが月一くらいでくる。症状的には

・元彼の事を考え、あの人と結婚してれば…と後悔する。遠距離でも頑張ればよかったとか、結婚はするけど待ってくれと言われて待てなかったとか。

・夫に言われて傷付いた言葉を反芻したり、されて嫌だった事をシツコク思い出し復讐心を燃やす。例えば子育てがツライと言えば夫に「そんなんだったら子供産むな」と一蹴されるとか。少し弱音吐いて甘えたいだけなのに。そして本当に産まなければよかったのかなと真剣に考えてより自分を傷付ける。その他病気で吐いてると気持ち悪りぃと言われたから絶対夫の介護はしないとか。

・自分の才能の無さを嘆く

・東京を離れて地方に住んでしまったことに絶望を感じる

脂肪肝だから食べないと決めていた揚げ物や甘い物を食べる。マックのドライブスルーによってしまったり、コンビニスイーツを食べたりして身体に悪いと分かっているからより罪悪感を覚える。自分を大切にしたいのに出来ないと傷付く。

ADHDはネットに入り浸りやすいから(あれもこれも気になって、沢山調べてしまうし、制御がきかないから時間も使う)スマホいじりをやめようと心がけているのにいじってしまう。

スマホいじりをしている時間や片付けの本を読んでる時間を片付けに回せば片付くと分かっていても、やりたくない事けどやらねばならない事をやる事が出来ない。

 

 どうにもならない…

多分排卵日だ。子供を計画的に3人産んだので、メンタルとオリモノの状態で今子作り妊活すれば8割がた出来ると思う。メンタルはこの落ち込みと眠れなさ。弱った時は生命維持装置が働いて性行為に至りやすいのでは?そして眠れないのもその行為へ至るために、生命が無意識にさせているのでは?という自論。オリモノも精子が泳ぎやすくなるようサラサラに伸びが良くなる。排卵の瞬間それがドバッと出るし。で多分数日後オリモノはチーズ状に粘りがでて精子を閉じ込める。。そして眠くなり安静を強いられ受精した場合に備える…という自論。

この勘だけで基礎体温も付けず子どもを3人授かれた。多分妊娠しやすいのもあると思うけど。

 

月一でもこのホルモンの波に揺られるダメージが大きい。多分排卵日だから落ち込むと分かっていても、厳しい。わたしの場合月経前症候群PMSより排卵日前後の方が重い。

 

 

ADHDの診断は受けるのか?

 やりたいことが多すぎて、優先順位が付けられないことについて、藤沢優月さんの「夢をかなえるひとの手帳」をもう10年くらい使っている。

 

夢をかなえる人の手帳 2017 blue (青)

夢をかなえる人の手帳 2017 blue (青)

 

 ワクワクリスト(やりたいこと)を書き出して、優先順位をつけ(本当にやりたいか自分に問う)手帳に書きだし実現させるという作業。年間計画や数年単位も意識できて目先のことにとらわれやすい私の性格をカバーしてくれる。

 仕事もリスト書き出し、優先順位付け、実行なんかでこなせているからそこまで重症でないのか?ADHDだといろんなツールを使ってもフォローできないのか?人から頼まれたことは特にすぐさまメモるけど…こなせてると思っているのは自分だけで周囲に迷惑かけてんのかな?!

 あと頭の中がいつも忙しいのはだいぶお酒でカバーしていると思う。酒飲んで音楽聞いてるときはリラックスできて、そんなアレコレ考えないから。正直可能ならいつも飲んでのんびりしていたい。産前産後授乳中と鬱っぽかったのは、単にお酒の禁断症状だったのかもと思うくらいだ。

 当面は診断はいいなと思う。受け入れ先である仕事も家庭も決まっている。今更ADHDだけど大丈夫でしたか?という必要もなさそうだ。ADHDだから仕方ないでしょ?といろいろ軽減してもらおうとしても反感買いそうだし。

 ただ娘はまた見てもらった方がいいと思う。これから受け入れてもらう上で、受け入れる方の対応が変わるのでは。もしくは逆に嫌厭されるのか?少なくとも育児方針が夫婦で合わないから専門家の意見を聞いて、足並みをそろえたい。

 わたしの父は教育者でよくしてくれたと思う。「子供でも心があるのだから人権を侵してはいけない」なんて今でも孫の気持ちを尊重しながら、育爺している。ちゃんと言葉で伝え、たたいたり怒鳴ったりせず、「目を見て、落ち着いた声で、静かに」ダメなことを伝えてきたのだろう。そうしてもらったから、わたしも娘にそうしてあげたいしそうしなければいけないと思っている。母親に削がれた自尊感情はちゃんと父が補ってくれていた。

 夫は幼いころ毎日泣きながらご飯を食べていたという。「黙って座れ、動くな、箸をちゃんともて」と手をはたかれ、嫌なことでも無理やりに強引にないてもさせられ続けたという。「ダメなものはダメ」と体で教え込む。「本当に嫌いだった父親だけど、我慢を教えてくれたと今は感謝している」と言う。だから娘を抑え込んだりして怒鳴り言うことを聞かそうとするのだが、見てられない。娘は口の中にいっぱいに溜めたツバをダラダラと垂らして抵抗し、おしっこをもらして泣き叫ぶ…壮絶すぎるADHD父とADHD娘の対決。どっちも引かない。決して娘も言うことを聞かないし、聞くくらいなら死んでやるって勢いだ。

「あなたは力で従わされて育ってきたのかもしれないし、嫌で復讐したいのなら自分の娘でなく父親にして」と言い、私も戦いに割り込む。夫は娘もいずれ自分のように我慢を教えてくれたと感謝する日が来ると信じている…でもそれはラッキーな場合で、2次障害っていうの?自己肯定感が育たず鬱になったりするかもしれないじゃないか…とも思う。なにがベストか分からないから、娘にはあらゆる援助を求めながら、みんなで手をかけ育てていかないといけないと思う。わたしたちだけでは自信がない。多分夫婦どちらも何らかの発達障害で生きづらさを感じているから。

 

そうか!わたしがADHDだったのか!

 「生きてるだけで迷惑」

 「死ね」に引き続き、夫が4歳の娘に向けた言葉。激怒すると同時にじわじわと悲しくなる。わたしだけではなく娘にまで浴びせる暴言。そんなことを言われるために彼女は生まれてきたわけではない。

 でもなんとなく幼いころから、わたしに向けられていたメッセージのようにも思えた。直接言われた覚えはない。でも、やることなすこと否定され自信を無くしていた幼少時代。母親はいつも不機嫌に長々と怒っていた。呪文のように「そんなことしていると、あとで痛い目見る」と母親は唱えていた。何が原因かは覚えていないけど、後半部分の呪いだけは耳に残っている。車の中で怒られているともう心が壊れそうだったからか防衛本能が働き「これは私が怒られているわけじゃない、一緒に乗っている妹が怒られているのだ」と現実ではないことを信じようと耳を塞いでいた。。わたしにとっては母親から「生きてるだけで迷惑」と言われているのと同じだった。

 夫のアスペルガーや娘のADHDばかり疑っていたけど、まさに私がADHDだとネットで調べていくと気が付けた!特徴が当てはまる。

・片付が苦手

 これは物事の優先順位をつけるのが苦手だからなんだろうけど、とにかく部屋がひっ散らかっている。片付けもどこから手を付けていいかわからず、面倒で手が付けられない。片付けるためには物を減らすか、たくさんある物でもちゃんと管理収納するか。まさか後者ができるわけないので、断捨離を決行する。物が減っても片付かないことに唖然とする…ミニマリストまではいかないけど、物の少ない我が家。そこで少し思うのはミニマリストの方々も大半が私と同じADHDなのでは…某有名なミニマリストさんも娘がADHDだとブログに書いてあり、うちと同じ遺伝なのではと憶測してしまう。片付けられないから、0か100で0の方に思いっきりふれてしまうのではないだろうか。片付けられないから徹底的にモノ減らすという感じで。

・いつも頭が忙しい

 これも部屋が散らかっているのと同じで、頭の中も散らかっている。やらなきゃいけないこと(やりたいこと?)がいっぱいで、いつもテンパっている感じ。家事でいえばお茶碗を洗っていると、そういえば保育園の手紙書かなきゃと途中で気になって手紙を書きだし、手紙にプールの話が先生から書いてあるのを目にとめて水着今日洗って明日もってかなきゃとおもむろに洗濯を始めて…どの家事も中途半端で終わらない。ほんとに忙しくって、やらなきゃいけないことにいつも追われている感じ。これって女性ならみんなそうなのかな?と思っていた。妹に聞いたら同じだと言っていたけど、いやいや似ている遺伝子と思い別の友人に聞いてみると、そんなことないんだってー。ちゃんと落ち着いて段取りよくなるべく計画的に物事を進めている様子。無駄のないように…

 やりたいことも世界一周から結婚出産、可能ならば旅をしながら各国の男性の子供を産み育てたいなんて妄想まで多岐に渡る。収集がつかない感じ。

・感情のコントロールがきかない

 怒るとしばらく気分が悪く引きずる。気分の切り替えができない。落ち込みもすさまじい。

・忘れ物や落とし物、無くし物が多い

 小学生のころランドセルを忘れて登校したことがあった。最近でいえば保護者会の帰りにもらったお道具箱をマルっと駐車場に忘れてしまう。毎日のように車のカギを探し回っている…

などなど枚挙にいとまがない。

 一番納得したのが、優先順位をつけることが苦手で大事な決定場面で慣れ親しんだものを選んでしまうというもの…あれだけ嫌だった母親と同じような夫を選んだ自分に驚いてしまった。でもそれはADHDのせいだというならすこぶる納得。

 しかも全然気にしてなかった…うるせぇなあくらいにしか思っておらず(あまり怒られると他人が怒られていると妄想)それも相手の怒りを逆なでする。ただ人間だから人格を悪く言われると傷つくし抗議する。「頭悪いんじゃないの?」とか「性格悪いね」とか「生きてる意味ないんじゃないの」とか夫に言われると…人並みに傷つくのだ。聞いてないから、直そうともしないから、相手がより過剰な言葉を使ってしまうのかも。

 ADHDだとしたら今までの生きづらさみたいのもなんか納得する。そして発達障害の人が発達障害の人に恋をするのもうなずける。同じ「ひとり」で同じ「生きづらさ」みたいのを共感し合いたいのだろう。夫もアスペルガーというよりADHDなのかな。その両方なのかも。